JAMDA

      English

ご挨拶

北村和夫会長をはじめ理事の皆様,そして本学会のご関係の皆様のご高配を賜り,来る 2022年 4月22 日(金)~24日(日)に一般社団法人日本顕微鏡歯科学会の第 18回学術大会(東京大会)を担当させて頂くこととなりました。貴重な機会を与えていただきましたことに深く感謝の意を表しますとともに,大会長として謹んでご挨拶を申し上げます。
 第18回学術大会は,Covid-19 感染収束の見通しが立たない中での開催計画ですので, Webによるライブ配信と集合型の開催方式で行うハイブリッド開催とさせていただきました。 今後変化する状況によって開催方法の変更も必要になることもあろうかと思いますが,配慮を尽くし,可能な限り有意義で快適な学術大会にしたいと思いますのでよろしくお願い申し上げます。
 さて,今大会のメインテーマは「口腔の健康から始まる全身の健康」です。口腔領域の健康が全身の健康に大きく影響を及ぼすことは周知の事実になって参りました。我々歯科医師の責任も重くなってきていると思いますが,顕微鏡を応用した精密歯科治療が口腔の健康を守り,そして全身の健康につながることを考えていける大会であればと意図いたしました。
 企画については,準備委員会の皆様,さらに各委員会の皆様の多大なるご尽力により大 変興味深い企画が多数用意されています。
 メインシンポジウムでは特別講演として,京都府立医科大学の内藤裕二先生と日本大学歯学部の落合邦康先生に,口腔からつながる腸内細菌について基調講演をいただく予定です。
 また,保存領域での視点から岩手県盛岡市ご開業の佐藤貴彦先生に,歯周・インプラント領域での視点から東京都江戸川区ご開業の梅村 匠先生に,そして,歯内療法の視点から日本大学歯学部の武市 収先生にご講演をいただきます。
 また,口腔衛生管理の視点からデンタル三橋の増田佳子先生,ネクスト・デンタルの林智恵子先生からもお話をいただきます。
そして海外特別講演の演者は協力団体である AMED より 2 名の先生のご登壇を予定しています。
 また,DH シンポジウムとして「良く視てよく考える歯周ケア」をメインテーマに,東北大学歯学部の黒川 綾先生に特別講演をいただき,高田歯科の高橋規子先生とうめむら歯科医院の小宮純子先生にもご講演をいただきます。
 今回は、 懇親会も予定させていただきます。大会開催時の状況次第ではございますが, 参加者各位がお互いに情報交換を自由に行えることを願っております。
 また,オンデマンド配信(見逃し配信)の予定はございません。会場参加もしくはリアル配信で聴いていただきご参加ください。 先が見えない状況ではございますが実りの多い大会にしたいと思います。
 本学術大会が盛会裏に終えられますよう,我々準備委員会一同,精一杯準備していく所 存でございます。多くの方々のご参加を心よりお待ち申し上げております。

更新情報・お知らせ

2021/11/1
演題募集開始NEW
2021/9/26
大会長挨拶掲載
2021/9/6
ホームページ開設テスト

クリックすると拡大します