日本顕微鏡歯科学会第17回学術大会・総会

English

お知らせ

質疑の受付及び返答のタイミングについて

2021年4月24日、25日の学会当日のみ質疑をテキスト形式で受け付けてます。4月24日の配信講演に対する質疑については24日配信終了後15分を目処に、4月25日の配信講演に対する質疑については25日配信終了後15分を目処に受付終了を予定しております。

一般口演については4月24日9時から4月25日講演終了後15分を目処に受付終了を予定しております。

頂いた質問は演者に送信し、29日からの振り返り視聴期間にテキスト形式で回答を提示いたします。すべての質問にお答えできないこともあります。ご了承くだ さい。

多くの方の当日参加並びに質問をお待ちしております。     2021年4月16日更新

ご挨拶

日本顕微鏡歯科学会第17回学術大会・総会を、2021年4月24日(土)・25日(日)の日程で、WEBにて開催致します。

 新型コロナウィルス感染拡大により延期となっていました日本顕微鏡歯科学会第17回学術大会・総会を、2021年4月24日(土)・25 日(日)の日程で、WEB開催することが決まりました。
 あらためて日本顕微鏡歯科の有用性や発展を皆様と一緒に考える学術大会となるよう願っております。大会テーマは引き続き「顕微鏡歯科のネクストステージ」とし、種々の意味で顕微鏡歯科の輝く次世代の幕開けとしたいと願っています。シンポジウムの一つは、診療において顕微鏡をどのように使用しているのか、歯科医師および歯科衛生士の立場から新進気鋭の演者の先生方にご依頼し「マイスタイル」を講演およびデモンストレーションしていただくことを企画しております。また、特別講演、シンポジウム、DHシンポジウム、一般演題、企業セミナーなどもひと工夫を加えた企画を計画しており、会場開催にも劣らない充実した内容の学術大会となるよう、WEB開催の特性およびメリットを最大限生かした開催方法で、皆様にご満足いただけるような学術大会としたいと考えております。
 本大会を今後の顕微鏡歯科についての情報交換,意見交換の場としてご活用いただき,今後の顕微鏡歯科の発展・充実へと繋げていただきたいと願っております。本学術大会で顕微鏡歯科について学問を深めていただくよう、会員はもとより,多くの歯科医療関係者の皆様の本大会へのご参加を心よりお待ち申し上げます。
 本大会開催時は大変清々しい季節を迎える頃です。新型コロナウィルス感染拡大が収束していることを心より願いつつ、オンラインで皆様とお会いできるのを楽しみにしております。

会  期
2021年4月24日(土)、25日(日)
会  場
WEB開催
大 会 長
和田 尚久 (九州大学病院 口腔総合診療科)
実行委員長
原口 晃   (九州大学病院 口腔総合診療科)